高級感のある名刺を作ろう

名刺を英語する長所について

国際的なビジネス交流が盛んになってきました。海外のビジネスマン、クライアント、ユーザーと交流するチャンスが増えた方々も多いはずです。
交流した人々に、自社を効果的にアピールしたいなら、やっぱり名刺の配布が基本になります。
基本的なアピール活動を繰り返す事で、海外の土地でも日本企業知名度がアップ出来ます。
ただ、日本フリークな海外の人々が増えて来た今日でも、まだまだ日本語がストレートに通じる世界の人々は全体のごく一部です。名刺を国際的なマーケティング活動に用いるなら、やはり文字の英語化が必要になります。
日本語では読める一部の人々にしか配布出来ませんので、世界共通語とも言われる英語で制作された名刺を別途、作っておけば、マーケティングのパワーがアップします。
米国の方々に加え、最近ではED圏でも英語が通じます。
更にシンガポールやインド、マレーシア、タイ、中国、韓国といったアジアの主要な国々でも英語は共通語として通じますので、アルファベット表記で社名や個人名を明記すれば、ほぼ世界中のビジネスマンにアピール出来ます。

高級感のある名刺を作ろう

高級感のある名刺を作ろう 名刺はビジネスの場で欠かせないアイテムでもあります。必要事項を記載した簡潔なものが多いのではないでしょうか。
頂いた名刺を見ていても、いただいた相手のことがなかなか浮かんでこないような個性のないものが多いのが現状です。
もちろん仕事上使うものとして最低限のマナーと品は必要ではありますが、ちょっとだけ工夫をして高級感を出していくことで印象に残すというのも手です。
プリントで差をつけたいなら、箔押しなどを取り入れると華やかになり、高級感を感じさせやすい仕上がりになります。ワンポイントで使ってみるのが素敵です。
また、全体の雰囲気を壊さずに粋な工夫を取り入れたいならエンボス加工がおすすめです。凹凸によって模様などを浮き上がらせるもので、紙面をうるさくさせずにデザインを取り入れていくことが出来るのです。
自分の顔ともいえる名刺ですから、こうした加工も取り入れながら、より高級感のある名刺に仕上げていきたいものです。

Favorite

Last update:2016/11/2

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>